神戸界隈での釣り日記

神戸界隈での釣り日記

神戸と明石の陸っぱり中心の釣行記

【スポンサーリンク】

加古川方面でライトワインド

スポンサーリンク

今週末は寒波が到来し強風の予報なので天気が悪くなる前の木曜日に加古川市方面に行ってきました。予報が外れて週末も風が強くなければ土曜日も行こうかなと企んでいましたが、丁度この記事を書いているときに強風が吹き始めて雪が舞い始めました。

 

 

 釣行データ

  • 日時:2019/1/24 18:30~20:00
  • 釣行エリア:別府(べふ)港
  • 天候:晴れ
  • 月齢:18.07
  • 潮:中潮
  • 水温:14℃
  • 潮位グラフ:

f:id:Kobe_Angler:20190126094415p:plain



 

釣り場の状況

流石に平日の木曜日、しかも先週よりも寒いと言うことで漁港内に先行者さんは誰もいません。好きなところで釣りができるので嬉しい反面、釣りをしてはいけないのか?と少し不安になってしまいます。

f:id:Kobe_Angler:20190126101218j:image

普段だと先行者さんがいることが多い、常夜灯下の角が空いているのでこの日は迷わずにここを選びました。

この場所が人気なのは正面の足元が船を陸に引き揚げるためにスロープになっていて駆け上がりになっていたり、左側は沖から漁港内に入るための船道になっていたりと魚が溜まりやすい条件が揃っているためだと思います。しかも、この写真を撮っているすぐ右側は金網のフェンスを隔てて駐車場になっているので車からの移動も楽です。

それにしてもここの常夜灯はかなり明るいです。去年の6月ごろにLEDタイプの常夜灯に変わったのですが、夜でもヘッドライト無しで釣り糸が結べる明るさです。

 

釣行状況

事前の釣果情報では加古川方面のメバルは調子が悪そうだったのであまり期待してなっかたのですが、たまに水面でピチャピチャとメバルがライズしてる姿が見えました。

こんな状況を待ってましたと言わんがばかりにタックルボックスからビーグルを取り出し、早速キャストしゆっくりリトリーブを開始しました。 

www.trip-fishing.com

 

すると、沖の方でコツコツとアタル感触が手元に伝わってくるのですが、一向にヒットしてくれません。そのまま目視できるところまでビーグルをリトリーブしてくるとビーグルの後ろについてくるチビメバルが見えました。しかし、ついて来るだけでアタックしてきません。そしてビーグルが足元まで来ると反転して海底に潜っていきました。

これを何度か繰り返しますがヒットには持ち込めないのでプラグは終了しました。

追っかけてくる魚は10㎝ぐらいだったのでプラグが大きすぎて食いつかなかったのか、常夜灯が明るすぎてプラグを見切られていたのか分かりませんでしたがプラグを追ってくる魚がいることが分かりましたので次回以降が楽しみになりました。

 

フロートを使ってワームを表層付近に漂わせていたら先ほどまでプラグを追っかけてきたチビメバルが釣れるかな?とも思いましたが、10㎝程のメバルを釣るのは可愛そうなので、フロートの投入は断念しました。

 

そうなると、あとはいつものパターンでライトワンドを開始します。ジグヘッドは1.5g、ワームはマナティ38のグローでスタートします。

 

 先ずは船を陸に引き揚げるためのスロープ側に向かってキャストします。根魚狙いなのでルアーが着底するのを待ってから、ワインド動作を開始します。チョンチョンと2回ダートさせてテンションホールで再着底を待ちます。この動作を繰り返していると、着底直後にモゾッとした感触が手元に伝わってきました。半信半疑で聞き合わせの様にロッドを立てるとプルプルとした生命反応がありました。フッキングしたのでゆっくりとリール巻いていると重みはありますがあまり引きません。そして上がってきたのは15㎝ぐらいのガシラ(カサゴ)でした。 

f:id:Kobe_Angler:20190126101316j:image

 

先ほどと同じ方向に向けてキャストを繰り返すと再びアタリがあり、今度もヒットしました。今度は先ほどより軽いですがそこそこ引きます。そして上がってきたのは小さなタケノコメバルでした。この子はリリースです。
f:id:Kobe_Angler:20190126101324j:image

 

ここでボトム狙いをいったん中断!先ほどから60㎝ぐらいのシーバスが足元をうろうろして気になって仕方ありません。アジングロッドでラインはPEの0.3号、しかもたも網は持って来ていないという不安要素だらけですが、気になって仕方ないのです。

 

ジグヘッドを3gに変更し、ライトワンドを再開です。いったんルアーが着底するまで待つのはボトム狙いと同じです。しかし、宙層狙いなのでここから連続ダートを繰り返します。(2,3回シャクって再着底を待つことはしません。)これを15分ぐらい繰り返しましたが、シーバスの姿が見えなくなったのでシーバス狙いは終了です。

 

最後にもう一度ジグヘッドを1.5gに戻し、ボトム狙いを再開。するとサイズアップのタケノコメバルがヒットしたので本日はこれで終了としました。
f:id:Kobe_Angler:20190126101320j:image

 

本日のヒットルアー

マナティー38 MT-08 スーパーグロー

ジグパラヘッド ダートタイプ 1.5g

まとめ

 寒くても魚が釣れるとやっぱり嬉しいです。釣れる魚種が少ない季節ですが、ライトワンドなら何とか根魚たちが遊んでくれます。ライトワインドはフィッシュイーターであれば何でも釣れると言われていますので、今後もいろいろな魚種が釣れるのが楽しみです。

釣果

タケノコメバル:1匹(18㎝)

ガシラ:1匹(16㎝)

f:id:Kobe_Angler:20190126101348j:image