神戸界隈での釣り日記

神戸界隈での釣り日記

神戸と明石の陸っぱり中心の釣行記

【スポンサーリンク】

シーズン終盤!神戸港タチウオ釣行

スポンサーリンク

今週は仕事がとても忙しい一週間で連日の残業。金曜日も残業が終わり家に帰りついたのは0時前でした。いつもなら3時半に家を出発して神戸の海に向かうのですが、さすがに寝坊してしまい目が覚めたのは8時でした。朝マズメはとっくに終了していますので今週は夕マズメ狙いで神戸に向かうことにしました。

 

 

 

釣行データ

  • 日時:2018/11/10 15:00~21:00
  • 釣行エリア:神戸港
  • 天候:晴れ
  • 月齢:2.46
  • 潮:中潮
  • 水温:20℃
  • 潮位グラフ:

f:id:Kobe_Angler:20181111101344p:plain

この日の日の入りは16:58、午前の干潮は14:14、満潮は19:52です。16時から18時が上げ三分〜七分で夕マズメと重なるので期待度は高そうです。

 

本日の予定

この日は午後の釣行になったので嫁様も同行となりました。嫁様の予定は16時ごろまではサビキ、18時頃まではルアーでタチウオ狙い、18時からはタチウオの浮き釣りの予定です。私はいつも通りルアー釣りを中心に、気が向けば1年ぶりの浮き釣りに挑戦しようと考えていました。

釣り場の状況

釣り場に到着したのは15時前でした。空きスペースを探していると既にこの時間にタチウオを釣り上げて記念撮影をしているファミリーがいました。そのまま奥に進んでいくと丁度サビキ釣りをしていたファミリーが後片付けをしていたので入れ替わりで場所を譲っていただきました。

そして釣りの準備をしていると隣のお兄さんが車の中から大きな発泡スチロールを引きずりだしてきてゴソゴソし始めます。何をしてるのか横目で見ていると岸壁に近づいていき海中に垂らしたロープを引っ張ていました。次の瞬間、海中から70cmぐらいのメジロ(ブリの幼魚)が姿を現しました。お話を聞いていると私が到着する直前にアジの飲ませ釣りで釣り上げて血抜きをしていたそうです。(写真取れせてもらえば良かった。)

この釣り場に5年ぐらい通っていますが、メジロが釣れているのを見たのは初めてでした。さすがにシーバスロッドかワインドロッドを使っている私には70cmのメジロは釣り上げられそうにないですが、いることがわかりましたので50cmぐらいのハマチをいつかは釣りたいなと思います。

  

 釣行状況

私はいつも通り20gのメタルジグをセットしました。嫁様は場所探しをしているときにタチウオがつれているのを目撃したのでサビキはやらずにいきなりメジャークラフトのどじょうヘッドにどじょうワームをセットしていました。このルアーは嫁様が初めてルアーで魚を釣りあげたルアーでかなりお気に入りになっています。

f:id:Kobe_Angler:20181111124800j:image

ワームが減っているのは9月に淡路島で釣りをしたときにロストしてしまったためです。

www.trip-fishing.com

 

しかもカバンの中を覗くと重さの違うどじょうヘッドとピンクのピンテールまで隠し持っています。どうやら先週釣具屋に一緒に行ったときに仕入れたみたいです。

f:id:Kobe_Angler:20181111124833j:image

 

早速二人そろってキャストを開始しますが、さっぱりアタリすらありません。想定外の早い時間にタチウオが釣れていた影響なのか17時までしっかり2時間投げ続けましたが駄目でした。少し早いけど帰る相談をしているときに嫁様のどじょうワームを見ると何か違和感が・・・・

f:id:Kobe_Angler:20181111132737j:image

 シャッドの部分にタチウオに噛まれた跡がありました。噛まれた感覚は分からなかったようですが、これを見て嫁様のスイッチがもう一度入ってしまいました。

 

嫁様の第2ラウンドは浮き釣りです。一年ぶりで仕掛けの作り方を忘れたらしく少し手間取っていましたが何とか仕掛けは完成です。時間がかかっても自力で仕掛けを作る嫁様は立派です。(最初仕掛けが完成したときはおもりが付いていなくて浮きが立ちませんでしたが・・・・)

 

私の後半戦は太刀魚ゲッターにしました。理由は周囲もあまり釣れている雰囲気が無かったことと、浮き釣りの道具を準備するのが邪魔くさかったから・・・・

 

第2ラウンドの状況はと言うと私の方は相変わらずアタリすら出ませんでしたが、途中から即席ケミチューンすることでアタリが出始めました。

f:id:Kobe_Angler:20181111134744j:image

輪ゴムでケミホタル20をくくり付けただけです。

結局21時まで投げ続けましたが時々アタリが出るだけで掛けることはできませんでした。一度だけ明確な大きなアタリがあり、それを掛けることが出来なかったのが悔やまれます。

 

一方嫁様の第2ラウンドは3回ほど浮きにアタリが出てエサを取られたようですが、合わせを入れることなく終わったようです。

 

この日はとても食いが渋い状態が続き21時で終了しました。

 

帰り間際の海の状況です。まだ電気ウキがチラリホラリ見えますが、タチウオの姿は見かけませんでした。

f:id:Kobe_Angler:20181111135921j:image

まとめ

嫁様がルアー釣りを徐々にするようになってきたので嫁様用のルアーロッドの購入を検討しようと思います。タチウオの引き釣り、エギング、サビキ、ちょい投げが一本で出来るロッドがいいように思います。

  

本日のおすすめルアー

こんなに渋い状況でも唯一タチウオの気配を感じさせてくれたルアーです。

 

 

 

釣果

無し