神戸界隈での釣り日記

神戸界隈での釣り日記

神戸と明石の陸っぱり中心の釣行記

【スポンサーリンク】

今回はマジ、凹みました

スポンサーリンク

昨年の今頃、今回行った釣り場でコウイカが釣れているのを目撃して以来、この場所で今年こそはこの場所でコウイカを釣り上げることを目標にしていました。そしてその目標にようやく手が届いたと思ったのですが・・・

 

 釣行データ

  • 日時:2019/5/13 18:00~21:00
  • 釣行エリア:加古川エリア
  • 天候:晴
  • 月齢:8.2
  • 潮:小潮
  • 日の入時刻:18:54
  • 水温:--℃

潮位グラフ:

タイドグラフ

 

 

モンゴウイカ

モンゴウイカはコウイカの一種でカミナリイカとも呼ばれるイカです。一般的にイメージされるスルメイカのようなイカとは形も大きさも違います。大きい物では胴長が40㎝に達し、重さは5kgを超える個体もいるそうです。

f:id:Kobe_Angler:20190514204343p:image

引用元:カミナリイカ【雷烏賊】|釣り百科-あらゆる釣りの知識が集約!

釣行状況

 5月も中旬になり、そろそろコウイカが釣れるてもおかしくない時期だと思いコウイカポイントに行ってきました。

この場所は昨年の5月の下旬ごろにコウイカが釣れているのを目撃した場所です。昨年はコウイカが釣れたのを目撃した後、2週間ぐらい隔日でこの場所に通いましたが結局釣れませんでした。

その時から5月になればここでコウイカを狙おうと心に決めていました。待ちきれずに4月に何度か様子を見に来ていましたが、墨跡はまだなく釣れている気配はありませんでした。

ところが、今回来てみると1カ所だけですが墨跡を見つけました。

f:id:Kobe_Angler:20190513232222j:image

そして1年越しの思いを込めてエギングを始めることにしました。

最初は3号のオレンジのエギを使ってボトムを中心に探っていましたが、全くアタル気配はなく1時間が経過しました。

今日もダメかな~と思いながら2.5号のオレンジのエギに交換し、とりあえず継続しました。

そしてエギを交換して30分ぐらいしたころに根掛かりしたような重みがあったので、ロッドを立ててエギを海底から浮かそうとするとジリジリとドラグ鳴り始め、ラインが出始めました。

この時にイカであることを確信したのでしっかりと合わせを入れました。するとイカも違和感を感じたようでジージーとドラグを鳴らしながらどんどんラインを出していきました。

中々海面に浮いて来なったのですが、私も懸命にリールを巻き続けるとようやく10mほど先の海面に白い物体が浮かんできました。

そして次の瞬間、イカのジェット噴射で海面から噴水のような水しぶきが上がりました。そしてイカがローリングするのでおかしいな思っているとどうもエギを横から抱いていてきちんとカンナに掛かってないかもしれない事が分かりました。

それでもイカはグイグイと引き続けるので私もリールを巻き続け懸命に寄せてきて、あと5mぐらいのところまで来たところでエギだけが空中に舞上がりイカは海底に沈んでいきました。

思わずあ゛〜〜と声が出てしまいました。

やはりイカはエギを横から抱いていたのでカンナが掛かっていなかったようです。

ばらす寸前にイカの姿が見え、胴長が30㎝近いモンゴウイカだったことが確認できました。おそらく1kgは軽くあったと思います。

あまりにも悔しくて21時まで粘りましたがその後イカがエギを抱いてくれることはありませんでした。

 

釣果

無し

 

最後に

今回はマジで、凹みました。一年越しで釣りたいと思っていたコウイカしかもコウイカの中でも大型の種類のモンゴウイカがあと5mのところまで来ていたのに手にできなかったことがとても悔しいです。今でもバラした瞬間にエギが宙を舞ったときの感触が手に残っています。あと1ヶ月ぐらいはまだ釣れる可能性があると思うので何とかリベンジを目指します。