神戸界隈での釣り日記

神戸界隈での釣り日記

神戸と明石の陸っぱり中心の釣行記

【スポンサーリンク】

神戸港タチウオ釣行@困った時はFLAP釣法

スポンサーリンク

今週の土曜日は久しぶりの雨予報でしかも強風予報なので朝の釣りは断念しました。午後は晴れ予報ですが風は残る予報となっています。条件はあまりよくありませんがとりあえず午後は海へ行ってみました。

 

 

 

釣行データ

  • 日時:2018/10/27 14:45~18:30
  • 釣行エリア:神戸港
  • 天候:晴れ
  • 月齢:17.96
  • 潮:中潮
  • 水温:23℃
  • 潮位グラフ:

f:id:Kobe_Angler:20181028103606p:plain

この日の日の入りは17:11、午後の干潮は14:23、満潮は20:13なので、日の入りの17時前後は既に上げ五分なので、17時〜18時頃までが勝負タイムと予測しました。

 

釣り場の状況

釣り場に到着したのは14:30でした。かなりの強風にも関わらず既に大勢の釣り人が居ましたが釣れている様子はありません。

f:id:Kobe_Angler:20181028111127j:image

 

 釣行状況

最初は20gのメタルジグを投げてみたのですが風に流されて真っすぐ飛ばないし、すごい勢いで糸ふけが出ていくので直ぐにちょい投げのジグサビキに変更しました。1時間半ぐらいジグサビキで遊んでいましたが、魚の反応はあまり良くなく20cmぐらいのサバが3匹釣れただけですべてリリースしました。16時半を過ぎて風が真後ろから吹くようになり、徐々に風が弱まってきましたので20gのメタルジグを再投入しましたが全く反応なしでした。

17時前になり休憩がてら釣り場の状況を見てみるとほぼ満員です。手前が空いているように見えましたが、地元の方が自転車やバイクで来られてただけでした。奥の方まで岸壁には車がびっしりです。

 

f:id:Kobe_Angler:20181028111551j:image

程よい薄暗さになったので、WINDを開始しますが釣れる気配が全くありません。やっぱり頼りになるのはFLAPと言うことで17時半ごろにFLAPを投入しました。すると答えはすぐに帰ってきました。FLAP開始から5分位でアタリ発生!なんとか掛けることが出来ました。上がってきたタチウオを見ると針はばっちり上あごを貫通していていました。 

f:id:Kobe_Angler:20181028111204j:image

 2匹目を狙ってキャストを繰り返しますが、この後はアタリが出ません。周りの浮き釣りにはチラホラとタチウオが上がりはじめますが、ルアーには全く反応が出ないので18時半に終了としました。

 

まとめ

毎年の事ですが、気温が下がりはじめるとエサには反応するがルアーには反応しないことが増えてくるように思います。なので、来週からは少しエサも持っていこうと思います。但し、浮き釣りは荷物が増えてしまうのでタックルはそのまま使えるタチウオゲッターを試してみます。

 

 昨年も同じようなことがあったので既に準備済です。(笑)

f:id:Kobe_Angler:20181028125846j:image

 

タックル

ロッド:メジャークラフト NSS-862MW  

リール:DAIWA 17’THEORY 2506

PEライン:DUEL HARDCORE X8 0.8号

リーダー:DUEL HARDCORE X8 0.8号シーガーエース 4号+10号(10cm)

 

本日のヒットルアー

オンスタックルデザイン FLAPセット

釣果

タチウオ:1匹(78cm)

サバ:3匹(リリース済)

 

f:id:Kobe_Angler:20181028111233j:image

 ギリギリF3ぐらいです。